So-net無料ブログ作成
検索選択

放射性物質の分析装置に焦げ跡=環境、人体に影響なし−茨城(時事通信)

 29日午前11時45分ごろ、茨城東海村村松の日本原子力研究開発機構・核燃料サイクル工学研究所の地層処分放射化学研究施設内の試験室で、分析装置に焦げ跡が見つかった。環境や人体への影響はないという。
 同機構などによると、焦げていたのは、分析装置内の電源ケーブルの接続部分。従業員が点検のため試験室に入ったところ、分析装置が稼働しておらず、溶けたような形でケーブルが一部断線していることに気付いたという。 

【関連ニュース
原発推進、連携強化=新規導入国の安全・人材で
人件費7500万円過大請求=原子力関連財団、国発注業務で
社民、同意人事に反対=原子力安全委、推進派起用で
再開へ、準備進む「もんじゅ」=原子力機構が内部を公開
もんじゅ、耐震安全性も「確保」=報告書ほぼまとまる

宝塚音楽学校の小林公平校長が退任へ(産経新聞)
<高校無償化>朝鮮学校排除に反対 市民ら集会 東京(毎日新聞)
<恐竜>豪で新種のティラノサウルス類化石 南半球で初(毎日新聞)
<立松和平さん>生と死「丁寧に」新人絵本作家の長女(毎日新聞)
平成22年度予算24日に成立 民、自両党が本会議採決で合意(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。