So-net無料ブログ作成

サルもテレビ楽しむ=脳の活動で初証明―京大霊長類研(時事通信)

 サルも人と同じようにテレビを楽しんで見ている可能性が高いことを、京都大霊長類研究所の正高信男教授(認知神経科学)らが、脳の活動を調べる「光トポグラフィー」という方法で初めて明らかにした。研究成果は13日、スイスの行動神経科学のオンライン学術誌に発表した。
 光トポグラフィーは、頭に当てた光の反射で大脳皮質の血流の変化を調べる装置。電極を刺したり頭を固定したりする必要がなく、赤ちゃんの脳研究などで用いられている。
 正高教授らは、人なら10歳程度にあたる3歳の雄のアカゲザルに装置を付け、いろいろな動物が芸をするサーカスの映像を断続的に見せ、反応を調べた。
 この結果、映像を見ているときは脳の前頭葉先端部の血流が増え、活動が活発化していることが分かった。この領域は愛情など良い感情と関係があり、赤ちゃんに母親の笑顔を見せたときの反応と同じだという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕白と黒のアイドル 世界のパンダ
〔写真特集〕動物の赤ちゃん
季節知る遺伝子の働き解明=ハクサンハタザオで
果皮からポリフェノール=レモン搾りかす活用
神戸のパンダ、レンタル5年延長へ=2世誕生に期待

鳩山前首相 特使で訪中 上海万博のジャパンデーに合わせ(毎日新聞)
両親? 暴行し死なせる=殺人未遂容疑で42歳男逮捕―警視庁(時事通信)
税務署ミス、実は課税対象 大阪の3法人修正申告(産経新聞)
家族旅行回数、仏韓の約半分=観光白書(時事通信)
訪問看護ステーション、微減の5731件(医療介護CBニュース)

雲仙・普賢岳 大火砕流19年、慰霊の祈り 長崎・島原(毎日新聞)

 死者・行方不明者43人を出した長崎県雲仙・普賢岳の大火砕流から19年となる3日、被災地の同県島原市で追悼行事があった。市はこの日を「いのりの日」と定め、終日慰霊の思いに包まれる。

 普賢岳は90年11月17日に噴火。大火砕流で91年6月3日に43人、93年6月23日にも1人の犠牲者が出た。周辺は今も立ち入り禁止状態が続いている。

 午前8時半、市は仁田団地第一公園の「災害犠牲者追悼之碑」前に献花所を設置。遺族や横田修一郎市長、市民らが次々に白菊を手向け、犠牲者の冥福を祈った。

 市内の小中学校で災害を語り継ぐ行事もあり、高野(こうや)小では、島原市の保育士、大山秀樹さん(29)が当時の思い出を話した。【古賀亮至】

【関連ニュース】
雲仙普賢岳噴火:あす「いのりの日」−−島原 /長崎
長崎・雲仙普賢岳噴火:いのりの日控え、遺族らが「定点」周辺を草刈り /長崎
長崎・雲仙普賢岳噴火:大野木場小4年生20人、犠牲者慰霊キャンドル作り /長崎

<大阪HIV訴訟>原告の体調悪化 国が請求金の一部仮払い(毎日新聞)
<iPS>抗がん細胞作成に成功 理化学研(毎日新聞)
<将棋>内藤国雄九段 連盟関西本部長を辞任(毎日新聞)
小沢氏「非常に厳しい状況」(時事通信)
「閣僚としていかがなものか」=社民党首沖縄訪問に首相(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。